Illustratorで描くアーガイルパターンチュートリアル

Category:Webに関するあれこれ,チュートリアル
Tag:,

アーガイル柄大好きです(。´ω`。)
というわけで、メモを兼ねてアーガイル柄の描き方をご紹介。

20110211_eye

1,準備

900px×1200pxの新規ファイルを開きます。
メインメニューの[表示]→[スマートガイド]をチェックして、スマートガイドをオンにします。

2,菱形を描く

[長方形ツール]を選択し、線無し・任意の色の正方形を描きます。
[回転ツール]をダブルクリックし、45度回転させます。
メインメニューの[オブジェクト]→[変形]→[バウンディングボックスのリセット]をクリック。
[拡大・縮小ツール]を選択し、任意の菱形に成形します。

20110211_1

3,並べて配色する

[選択ツール]を選択し、Altキーを押しながら先程作った菱形をドラッグして複製、並べます。
ガイドが出るので、ガイドの通りキッチリ並べます。
これを計6回繰り返し、全部で7個の菱形を並べます。

その後、それぞれの菱形を任意の色に塗り分けます。
このとき、横に3つ並んだ菱形は同じ色に、その上下を別の色に塗り分けてください。
私の場合は3色にしましたが、最低2色に塗ります。

20110211_2

4,ステッチを描く

[直線ツール]を選択して任意の色に設定し、中央の菱形の中心から右上の菱形の中心まで直線を引きます。
菱形の中心にカーソルを合わせると「中心」と表示されるので、それに合わせて引いてください。
そして[線]パレットの「破線」にチェックを入れて、線分と間隔の数値を入力します。
私は線分を5px、間隔を2pxにしました。

20110211_3

今度は中央の菱形の中心から右下の菱形の中心まで直線を引きます。
先程と同じ破線が、丁度「く」の字の様に引かれたはずです。

20110211_4

次に[選択ツール]で両方の破線を選択(Shiftキーを押しながらクリック)し、[整列]パレットの「垂直方向中央に整列」をクリックします。
すると、「X」の形になります。
このとき、自動的に中央菱形の中心に「X」が行くと思いますが、行かなかったら中心に配置してください。

20110211_5

メインメニューの[オブジェクト]→[グループ]で、2つの破線をグループ化します。
菱形を複製したときと同じ様に、Altキーを押しながらドラッグして「X」を複製し、全ての菱形内に配置します。

20110211_6

5,スウォッチパレットに登録する

[長方形ツール]を選択し、塗りも線も無しに設定します。
アーガイル柄の中央に正方形を描きます。
上下4つの菱形の外側の角に、正方形の角を合わせて描画すればOKです。

そして、メインメニューの[オブジェクト]→[重ね順]→[最背面へ]を選択し、正方形のパスを最背面に配置します。
次に[選択ツール]で全てのパスを選択し、[スウォッチパレット]へドラッグします。

20110211_7

6,他のドキュメントでも使えるようにする

先程のアーガイルはパターンとして登録はされましたが、このままでは他のドキュメントではスウォッチパレットに出てきません。
他のドキュメントでも使えるようにするには、以下の様に設定します。

まず、先程のアーガイルパターンをaiファイルとして保存します。
[スウォッチパレット]のスウォッチパネルメニュー(右上の▼)の[スウォッチライブラリを開く]→[その他のライブラリ]で、保存したaiファイルを選択し、読み込みます。
これで、他のドキュメントでもパターンとして使えるはずです。

以上です(。・ω・)ゞ

環境

  • Windows7
  • Adobe Illustrator CS5

参考

  • Category

  • Archive

  • Recent Entrys

  • Comments

  • Tag Clouds